読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MotomichiWorksBlog

その日学習したことについて書いている日記です。誰かの役に立ったらそれはそれで嬉しいです。

webpackを使ってES2015、React.jsのビルド環境を構築する

制作 webpack reactjs

参考にさせて頂いたページ

webpackのすごく基本

webpack で始めるイマドキのフロントエンド開発 - Qiita

主に参考にさせて頂いたページ

Webpackでイチから作るReact.js開発環境 - Qiita

babelとwebpackを使ってES6でreactを動かすまでのチュートリアル - Qiita

grunt glup webpack それぞれでBabelでES2015の自動コンパイル環境を作る(比較のため)

BabelでES2015の自動コンパイル環境を作る(Browserify / gulp / Grunt / webpack) | mae's blog

.babelrcがバージョン6以降は必要だとかそういう感じの話

Babelを6系にアップデートしたらgulpでこける - Qiita

gulp をやめて webpack

gulpでjsのビルドをしていたのだけれど、色々あってjsのビルドはwebpackを使うことにした。

以下のページを参考に、環境構築をしてみる。

webpackをインストール

グローバル

npm install -g webpack

プロジェクトにも

npm install --save-dev webpack

他のパッケージもインストール

グローバル

npm install -g babel

プロジェクト

npm install --save-dev react react-dom babel-core babel-loader babel-preset-es2015 babel-preset-react

webpackの場合は、babelを使う為にbabel-loaderやbabel-coreなどが必要らしい。

あとはgulpのときにも使用していたパッケージだけど一応書いておいた。

参考ページにならって進める

引き続き以下のページにならって進めたらできると思う。

Webpackでイチから作るReact.js開発環境 - Qiita

その他

以下のページも読んでおくと.babelrcのことなども書いてあって良いかも。

babelとwebpackを使ってES6でreactを動かすまでのチュートリアル - Qiita