読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Motomichi Works Blog

その日学習したことについて書いている日記です。誰かの役に立ったらそれはそれで嬉しいです。

vagrantその19-40 cakephp入門をやってみる(詳細なバリデーション設定)

参考にさせて頂いたページ

バリデーションを使おう!(3/5):初心者のためのCakePHP2.0 プログラミング入門

データバリデーション — CakePHP Cookbook 2.x ドキュメント

ホストマシン環境

ゲストマシン環境

今回の記事について

簡易的なバリデーションの実装を少しやってみて、require属性について少し調べたことから、詳細なバリデーション設定についてもフライング気味に少し調べたんだけど、その続きみたいな感じで今回の記事。

nameひとつに対するプロパティ

他にもあるのか、これで全部なのかはそのうち調べるとして、参考にさせて頂いたページで紹介されていたのは以下の5つ。

  • rule
  • required
  • allowEmpty
  • message
  • on

利用可能なバリデーション・ルール

例えば以下のような記述の仕方

// ’rule’=>array(‘between’,最小値,最大値)
// ’rule’=>array(‘between’,5,10)

以下のようなルールが設定できる

  • alphaNumeric (半角英数字のみ入力可能)
  • between (一定範囲内の整数のみ入力可能)
  • blank (空(未入力)を許可するかどうか)
  • boolean (真偽値のみ入力を許可。これはtrue/falseや、あるいは0と1が使えます。)
  • cc (クレジットカードの番号)
  • comparison (比較演算子 <>=などの記号 を使った数字の比較を指定するもの。)
  • date (日付)
  • decimal (実数。小数点以下何桁まで許可するか。)
  • email (メールアドレス)
  • equalTo (特定の値と等しい場合)
  • extension (ファイルの拡張子を指定)
  • ip (IPアドレス)
  • isUnique (値がユニークなもの)
  • minLength (最小文字数を指定)
  • maxLength (最大文字数を指定)
  • money (お金の金額)
  • multiple (