Motomichi Works Blog

その日学習したことについて書いている日記です。誰かの役に立ったらそれはそれで嬉しいです。

webpack3.x+vue.js 2.x+vue-loaderでビルド環境を構築する

参考にさせて頂いたページ

過去に書いたhtml-loaderを使う記事

webpackを使ってES2015、Vue.jsのビルド環境を構築する - Motomichi Works Blog

今日の環境

  • Windows10
  • node v8.9.3
  • npm 5.6.0
  • webpack 3.10.0

プロジェクトディレクトリを作成

任意のディレクトリ名で良いのですが、frontendディレクトリを作成することにします。

mkdir frontend

以降のコマンドはfrontendディレクトリで実行していきます。

npm init

まずnpm initして、適当にenterしますが、エントリーポイントだけmain.jsにしました。
以下のような感じにしています。

{
  "name": "frontend",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "main.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "author": "",
  "license": "ISC"
}


Is this ok? (yes) yes

グローバルにインストール

npm install -g webpack babel

プロジェクトにインストール

npm install --save-dev webpack@3 vue-loader vue-template-compiler babel-core babel-loader babel-preset-es2015
npm install --save vue

今回frontendディレクトリ内に作成するディレクトリ構造とファイル

  • index.html
  • package.json
  • package-lock.json
  • webpack.config.js
  • node-modules/*
  • src/main.js
  • src/App.vue
  • src/components/HelloWorld.vue
  • result/bundle.js

webpack.config.jsの作成とその記述内容

const path = require('path');

module.exports = {
  entry: './src/main.js',
  output: {
    path: `${__dirname}/result`,
    filename: 'bundle.js'
  },
  module: {
    loaders: [
      {
        loader: 'babel-loader',
        exclude: /node_modules/,
        test: /\.js[x]?$/,
        query: {
            cacheDirectory: true,
            presets: ['es2015']
        }
      },
      {
        test: /\.vue$/,
        loader: "vue-loader"
      },
    ]
  },
  resolve: {
    // モジュールを読み込むときに検索するディレクトリ
    modules: [path.join(__dirname, 'src'), 'node_modules'],
    // importするときに省略できる拡張子
    extensions: ['.js', '.vue'],
    alias: {
      // 例えばmain.js内で `import Vue from 'vue';` と記述したときの`from vue`が表すファイルパスを指定
      'vue$': 'vue/dist/vue.esm.js'
    },
  },
  plugins: []
}

./src/main.jsの作成とその記述内容

import Vue from 'vue';
import App from './App';

Vue.config.productionTip = false;

/* eslint-disable no-new */
new Vue({
  el: '#app',
  template: '<App/>',
  components: { App },
});

./src/App.vueの作成とその記述内容

<template>
  <div id="app">
    <HelloWorld/>
  </div>
</template>

<script>
import HelloWorld from './components/HelloWorld'

export default {
  name: 'app',
  components: {
    HelloWorld
  }
}
</script>

./src/components/HelloWorld.vueの作成とその記述内容

<template>
  <div class="hello">
    <h1>{{ msg }}</h1>
  </div>
</template>

<script>
export default {
  name: 'HelloWorld',
  data () {
    return {
      msg: 'Welcome to Your Vue.js App'
    }
  }
}
</script>

index.htmlの作成とその記述内容

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
<meta charset="utf-8">
<title>vue-tutorial</title>
</head>
<body>
<div id="app">
</div>

<script type="text/javascript" src="result/bundle.js"></script>
</body>
</html>

watchしてコンパイルしてみる

webpack -d --watch

ここまでやってのpackage.jsonの内容

{
  "name": "frontend",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "main.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "author": "",
  "license": "ISC",
  "devDependencies": {
    "babel-core": "^6.26.0",
    "babel-loader": "^7.1.2",
    "babel-preset-es2015": "^6.24.1",
    "vue-loader": "^13.6.1",
    "vue-template-compiler": "^2.5.13",
    "webpack": "^3.10.0"
  },
  "dependencies": {
    "vue": "^2.5.13"
  }
}

ページを見てみる

index.htmlをブラウザで開いて確認します。

Welcome to Your Vue.js Appという文字列が表示されました。

今日はここまで。